羽海野チカさんの世界展

羽海野チカさんの世界展をみたさに池袋まで遠征してきました。

画像


前回の世界展は東京だけではなく、仙台、名古屋まで遠征。
今回も行けるだけ行きますぞ~
どんだけ好きなんだよと言われそうですが、
それくらい好きなんだよと言うしかない。


同世代で子供の頃同じようなことを考えていたり、好きなものが同じだったり。
子供時代に感じていた痛みというか、私と同じだな、と思うことが
沢山あるからなのかな。

淡い色合いのふわふわ可愛い絵に見えがちだけど、
それは確かな画力に支えられたもの。
可愛い女の子からごっついじい様、
動物まで。
可愛さと正確さ、すべてバランスよく
ここまで描き分けられる人はそういないのでは?

現実から逃げない、時に痛々しいまでのストーリー展開。
まさに命を削って、ご自分の描きたいものに立ち向かって
いるんだなぁと思うのです。

3月のライオンの影響なのか、前回より男性の来場者が
増えているように感じました。
近くで見ていた男性が、展示されていた
ファンからのプレゼントの贈り主だったらしく、
ものすごく感激されていました。

マルヤマケイタさんが羽海野さんのために仕立てた
授賞式のドレスも展示されていました。
カーディガンの刺繍がユニコーンなのをみて
さすがケイタさん、わかってらっしゃると思ったのは
わたしだけではないでしょうね。


画像





"羽海野チカさんの世界展" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント