ほうせんか

いつのまにやら元の家の庭に咲いていたそうです。
どこからかタネが飛んできたのでしょうか。

ほうせんかは漢字で書くと「鳳仙花」なのですね。
なにやら高貴なお名前

ほうせんかといえば大島弓子の漫画に
「ほうせんか・ぱん」という作品がありましたっけ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E5%BC%93%E5%AD%90

画像





大島弓子選集 (第4巻)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さくら
2006年08月28日 16:29
出ました!大島弓子^^

ほうせんか 日陰の花ですね
種がはじけて飛ぶのですよね
hyacinth
2006年08月28日 18:00
そうです、大島弓子さんです~^^
大島さんの作品は内容はもちろんですが
タイトルのつけ方にも
唸らせられます。
「草冠の姫」「ダリアの帯」「金髪の草原」
挙げたらきりがありません。
さくら
2006年08月28日 23:18
ほんとにそうですね~ 「夏の終わりのト短調」
 女性の顔も良いですね
細面で巻き毛で、まつげが長くて

又、読んでみたくなりました
さくら
2006年08月28日 23:25
ヒヤさんのHP、ブログのタイトルだって・・・
大島弓子を彷彿としますよ
画像、記事がタイトルと良くお似合いです
hyacinth
2006年08月31日 00:14
さくらさん、褒めて頂いてとっても嬉しいけど
大島弓子さまでは畏れ多過ぎます。。。
私に言わせれば、さくらさんご自身が大島弓子の
漫画に出てきそうですよ~(なんてったって原節子似)

この記事へのトラックバック