震災~1年が過ぎて~

震災から1年ともうすぐ3ヶ月

直後の品不足以外はほぼ被害のなかった私の周囲では、
震災前と変わらない生活を送ることができています。

表面上はですが・・・

今日テレビでがれき受け入れの問題を放映していましたが、
私の住む地域は原発から遠く離れているにもかかわらず、
茨城県沿岸部より髙い数値が検出され続けています。

近くの産直野菜の売り場はにぎわっていますが、
干ししいたけは『震災前に収穫されたものです』と断り書きがついていました。

我が家のように小さな子供がいない家では
放射線被害についてはあまり気にしていませんが、
職場の同年代のお子さんのいる人は、
『今年もゴーヤで緑のカーテンを作ろうと思うんだけど、
食べても大丈夫かな~と思っちゃうんだよね』
と言っていました。

修学旅行の子供を受け入れるために
提供する食事の安全性の証明のため
宿泊施設で自費で検査をしたりとか。
本音じゃ
東電に費用を負担しろ、
と皆言いたいとと思う。

その反面
原発の安全性について
しっかりと考えてこなかった自分たちはどうよ?


がれきの問題

撤去が進まなければ復興が進まないし、
放射能の拡散を招くのでは、と危惧する声もわかるし、
かといって被災地だけに負担を負わせていいのか、
そもそも原発の電力をたくさん使っているのは
他地域じゃないのか?
使うだけ使って知らんぷりするの?
という気持ちもある。
がれきを受け入れるのを反対するなら、
その分処分費用を負担する?

答えはでません。
とにかくみんな正しい情報がほしいと思ってる。


そして
がれきはごみではありません
被災された方たちの生活、思い出の欠片です

画像


写真は2002年の益子の陶器市のもの
昨年の震災に続き
今年は陶器市の最終日に竜巻の被害がありました。
10年後にこんなことがおきるなんて・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック