問題がなかったか、だって?

ニュースを視聴しているとよく「対応に問題がなかったか云々」というフレーズを耳にする。
たとえばストーカー事件で対応が問われている警察側のコメントとして。

問題があったから事件が起きたのだから、「問題がなかったか」じゃなくて、
「どこに問題があったのか」「どんな対応であったら問題回避できたのか」と
思考するのが本当じゃないかと思う。

「問題がなかったか」は「問題がなかった」と自らを正当化するための思考過程ではないか?
と今日もテレビに向かって毒ずづくワタクシ

これだから「ブラッキー」とニックネームをつけられるんだろうなあ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック