ケサランパサラン

20代の頃からメイク用品は「ケサランパサラン」
を愛用しています。途中他のメーカーを試し使い
しても結局ここに戻ってくる。

画像



ケサパサは1985年にメイクアップアーティスト
渡辺サブロオさんが作られたブランドです(残念
ながら現在はサブロオさんの手元を離れてしまっ
ていますが)。

当時出版されていたメイクの本にサブロオさんが
「渡辺サブロオのマキアージュ」というタイトル
で連載を持たれていたのを見たのが最初に
見知ったきっかけだったように思います。
設楽りさ子さんに施したベージュ・ブラウン系の
素顔のようで素顔でない
ナチュラルメイクがとっても新鮮でした。

地元にケサパサを扱っているお店がなかったので
、東京や旅先のいろんなところで 買ったなあ。
名古屋の「生活倉庫」、神戸そごうなどなど。

昨今沢山のメイクアップアーティストの方が
雑誌やテレビで活躍されていますが、
やっぱりサブロオさんLOVEなのです。


画像

初めて東京のショップで買ったのは新宿の○I○I
でした。販売員の方に薦められて買ったのが、
写真にあるオレンジ系のフェイスカラー
「エーデルワイス」です。
初期の商品にはそれぞれ素敵な名前がついていて、
このオレンジ系フェイスカラーが「エーデルワイス」
左の水色が「シオン」です。
シオンのほうはサブロオさんの手を離れ、品番表
示だけになったいまでも健在で、昨今はIKKOさん
の推薦商品として品薄になった時期もあったとか。

○I○I店の販売員の方には後に別のお店で再会
しました。○I○I店勤務時新人だったという彼女は驚い
たことに私のことを覚えていてくれていました。
店長さんになっていた彼女E さん、今はどうされ
ているのかなあ…。



画像

サブロオさんプロデュースのコロン
左が「The Last Rose of Summer」
右が「SASKIA」
サスキアのほうはすっかり変色してしまいましたが、
捨てられなくて引越しの時にも大事に持ってきてしまいました。

いまでこそ当たり前だけど、ブラシを使ってメイクする
ことを知ったのもサブロオさんからでした。
けっしてお財布に優しいお値段ではなかったけど、
当時1本1本買い足していったブラシ類は今も
現役で使用しています。


画像

ケサパサの花模様は今もパッケージに使用されています。
そしてサブロオさんのミューズ甲田益也子さん。
今井美樹さんのヘアメイクもサブロオさんが
手がけていらして、彼女をイメージして作られた
「アナナイス」というネーミングの口紅もあり
ましたっけ。



画像

プレストパウダーも色によってパッケージの模様が
違っていました。
それぞれ、「ニュアンスオレンジ」「バニラ」など
ネーミングされていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック